テーマ:

夢の意味

12月12日は パパのお誕生日だった。 はっぴばすでぇとぅゆぅ~♪って小さな声で歌って 蝋燭の炎を見つめた。 パチパチ☆(o´I`ノノ゙【。゚+.オメデトウ。+.゚】で 吹き消したのは代理人のママ。 前日いつもパパが座ってた場所で ママはうっかりうたた寝をしてしまった。 普段はめったに行かない四条大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

父の日

この間レオさんに言われた 「小夜子さんは、父の日はもうすぐだけどどうするの?」 そう言われて 今年は初めてパパがこの世に居ない父の日を迎えるのだと あらためて思った パパが見えなくても いつもパパはここに一緒に過ごしていると そう思っている それでもいつもの席にパパが見えないのは 寂しすぎる …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

教えて… そして聴いて…

ずっと心の中で思っていた どうしてパパは小夜子の夢にすら現れてくれないのだろうか… 最期に救えなかったことを 怒っているのかもしれない…  o(・"・。)β。.:*・゚☆.。.:*・★彡 ☆彡 ★彡 ☆彡 ★彡 昨夜、チャットを落ちて お布団に入って 携帯でチェックし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

四十九日を済ませました

前日積もった雪が融けきらない2月10日。 小夜子のパパの四十九日の法要を 哲学の道に程近いお寺で営みました。 山の麓のお寺から見た景色は真っ白。 亡くなってしまったのはクリスマス 四十九日は真っ白な世界 この先毎年、イルミネーションと雪を見たら ちゃんと思い出すようにとパパの策略でしょうか…? そんな…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ひと月経ちましたが…

父が亡くなってからひと月経ちました 何か心に変化が起きたかというと 何も変わらないどころか、悲しみは深まるばかりです 父が生きた証を消し去る辛い手続きは まだまだ続きます そのたびに、胸をえぐられる思いに涙があふれます 最近、ネコとよく遭遇します 住宅地に帰ってくるとお迎えに来る黒いネコや 今日は、駅…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

止まってしまった時間

2007年12月25日 静かなクリスマスの夜でした… 小夜子のパパはお星様になってしまいました あんなにも生きたかったパパなのに 悔しくて寂しくて あの日から時間が止まってしまいました サンタさんはパパを どこへ連れて行ってしまったのでしょうか…? もっともっと生きて 意欲的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲しすぎる出来事…

とても悲しいことが起こってしまいました… 11月13日、小夜子の父が倒れてしまったのです。 救急車を呼んでかけつけてくださったときには 既に心肺停止状態でした… 救急車のサイレンが聴こえてくる20秒ほど前に 小夜子の腕の中で意識を失った父… 一生懸命蘇生をしていただき、 何とか命はとりとめたのですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more